福島の原発事故の被災者の心を音で綴る-Melody from Fukushima-

Melody from Fukushima福島からのしらべ

The tragic events recorded in melody after a nuclear plant accident

This site contains the songs that came to my mind after living with daily fear and anxiety from Great East Japan Earthquake and the Fukushima Daiichi nuclear plant accident on March 11th 2011.
Some people with a talent for writing write essay, others with one for drawing drew pictures and others take photos and videos of the days they faced in fear of radiation.
I don’t have those skills, so I decided to make record with music because I’ ve liked music all my life.
I haven’t had any special musical education except at when I was young, so my music is nothing artistically new.
I hope you listen to them and you keep in your mind what kind of days we, residence had to go through after the nuclear plant accident.
Now I hear “recovery” everyday.
I move on, too.
I hope a nuclear accident won’t happen again.
January, 2014
Minoru Abe
Translated by Stuart Stirling and Keiko Stirling
曲目リスト日本語 曲もクリスト英語

音楽で記録した原発事故後のことども

このサイトは、2011年3月の東日本大震災と、福島第一原子力発電所の事故に遭い、不安と恐怖の日々を送る中で、その折々に頭の中で流れてきた旋律をほぼ時系列的にまとめて一つひとつの曲にしたものを掲載しています。
放射能の恐怖と向かい合った日々を、文才のある人は文章で、絵心のある人は絵で、撮影技術のある人は写真や動画で記録されました。
そういった能力に乏しく、音楽を聴くことを楽しみに生きてきた私は音楽で記録に残したいと考えました。
私は、音楽的教育は子供のときの音楽の授業しか受けておらず、したがいまして、芸術的に目新しいものはございません。
お聴き頂いて、原子力発電所の事故のあと、私たち普通の市民がどのような日々を送らなければならなかったかなどなど、心の片隅に置いて頂ければ幸いです。
今まさに復興という言葉を日々耳にします。
私も前へ進みます。
原発事故が二度と起こらないことを願いつつ…
2014年1月
Minoru Abe
英 訳 : スチュアート・スターリン
景子・スターリン
曲目リスト日本語 曲もクリスト英語

無料カウンター

サイトマップ