二本松市出身の演奏家
 高橋宏明 Violoncello

 1965年、福島県二本松市に生まれる。
 1988年、京都市立芸術大学卒業。音楽学部賞受賞。
 1991年、同大学院修了。大学院賞受賞。
 1989年、関西フィルハーモニーと協演。
 1990年、 福島市民オーケストラと協演。
 1994年、第1回ビバホールチェロコンクール入賞。京都、二本松にてリサイタルを開催。
 1995年、第4回青山音楽賞受賞。ドイツ、フランクフルトへ留学し、1996年帰国。
  これまでに、(故)佐藤修、上村昇、ハーヴィー・シャピロ、ペーター・ヴォルフの各 氏に師事。
  現在、岸辺百百雄弦楽四重奏団チェロ奏者。大阪センチュリー交響楽団副首席チェロ 奏者。
 
 樋口達哉 Tenor

二本松市(旧・安達町)出身。武蔵野音楽大学大学院修了後ミラノに留学。カルーソー国際声楽コンクール最高位等、受賞歴多数。
'98年ハンガリー国立歌劇場『ラ・ボエーム』でデビュー後ミラノ・スカラ座、メトロポリタン歌劇場管弦楽団等と共演。
国内では新国立劇場『トスカ』『蝶々夫人』等で大役を演じ好評を博す。さらに、二期会『ダフネ』『仮面舞踏会』『エフゲニー・オネーギン』『椿姫』『蝶々夫人』『ファウストの劫罰』といずれも高い評価を得る。日本オペラの分野でも『夕鶴』『忠臣蔵』等で存在感を示す。
'10年にはミラノ大聖堂、サン・ピエトロ寺院(ヴァチカン)でのコンサートで大成功をおさめる。
その他『第九』、NHKニューイヤー・オペラコンサート等でも活躍。
イタリアの太陽を想わせる輝きのある声と華を持つ日本を代表するテノールとして多くのファンを魅了している。
男声ユニット【ザ・ジェイド】としても活躍。武蔵野音楽大学、東京芸術大学大学院各講師。二期会会員。
ホームページ:http//www.geocities.jp/funfuntazy/
 
 懸田 貴嗣 Violoncello

福島県出身。上智大学文学部卒業。東京芸術大学音楽学部別科チェロ専攻修了後、同大学院音楽研究科修士課程修了。
チェロを鈴木秀美、藤森亮一、北本秀樹、ルール・ディルティエンス、エマニュエル・バルサの各氏に師事。
在学中よりバッハ・コレギウム・ジャパン、ヘンデル・フェスティバル・ジャパン、北とぴあ国際音楽祭、福岡古楽祭、札幌古楽の夏音楽祭など主要な古楽オーケストラ、室内楽の演奏会、レコーディングに参加している。
2005年11月には鈴木秀美らとのCD「ボッケリーニ 弦楽五重奏曲集」が発売された。浜離宮朝日ホールレジデントオーケストラである「オーケストラ・リベラ・クラシカ」、「アンサンブル・ヴィンサント」のメンバー。
 
中野久美子  Flute

二本松市(小浜)出身。
東京芸術大学器楽科フルート専攻を首席にて卒業。
ソロ、室内楽、コンチェルトを中心に活動。スクールコンサート、サロンコンサートは親しみ易いコンサートとして好評を得ている。
また、筝や尺八とのコラボレーションを行う一方、ジャズピアスト松本峰明氏とユニットを結成し、各地でコンサートを展開、CD「HANNAH'S DREAM」をリリース。
倉沢大樹氏とエレクトーンとのコラボレーションを行い、好評を得る。
お話音楽隊「ピッコロ」を主宰。
 
 神野千恵 Piano

 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学音楽学部研究科修了。2009年ジュネーブ音楽院ソリストディプロマ過程修了。引き続き同音楽院にて学び、2011年に帰国。在学中に(財)ロームミュージックファンデーションより奨学金を得る。これまでに、藤井一興、安川加壽子、林秀光、ミハエル・ヴォスクレセンスキー、練木繁夫、高橋多佳子、エリザベート・アタナッソヴァ、ジャン・ジャック・バレの各氏に師事。
 2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール奨励賞、かずさアカデミア音楽コンクール入選。
 2006年安川加壽子記念コンクール第3位。
 2008年マリエンバート国際ショパンコンクール(チェコ)入賞。
 2010年ブレスト国際ピアノコンクール(フランス)第4位、エルネスト・ファッラ国際音楽コンクール(イタリア)第1位及び特別賞。
 2005年より本格的に演奏活動を開始し、定期的にリサイタルを開催。ソロのみならず室内楽の分野においても積極的に取り組んでいる。また、レクチャーコンサートやコンクールの審査なども行っており、後進の指導にも力を入れている。現在、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室講師。